生き地獄!? 難病と適応障害

難病ベーチェット病と大腿骨頭壊死、適応障害になったけど、前向きに生きていこうとする31歳男子が自分なりに人生楽しんじゃおうと試行錯誤してる様を報告するブログです。

ダイエットの秘訣教えます!減量のプロであるアスリートはどのように減量しているのか

数あるスポーツ選手の中で減量が必要な種目はいくつかありますよね。

たとえば体重ごとに階級が分かれているレスリングや柔道などは有名なところでしょうか。

ボクシングも試合前にはキツイ減量があるイメージがあります。

 

そんな数ある減量が必要なスポーツの中でも、毎週減量で大変そうなのが競馬の騎手だと思うんです。

毎週競馬はありますし、競馬に乗る際の体重も馬によって負担重量が決まっているので、一定の体重を維持する必要があるんです。

でも、そこは人間なので、レース終わりの夜や休みの日(月曜日)は食べ過ぎてしまうことが多いようで、2キロ程度増えることもザラにあるようです。

 

では、どうやって体重を維持、または戻しているのか。

 

その方法はただひとつ

体重を毎日計ることなんです。                                                                                            

 

これは日本でもトップジョッキーである武豊さんも実践されている方法です。

 

f:id:konikuorseseri:20170908133019j:plain

 

もちろんジョッキーの方は筋肉量も豊富ですし、長年そのルーティンでやっているというのもあり、週末には51キロ程度に自然に戻るとおっしゃっていましたが、やはり体重を意識することは何よりも重要なんだと思います。

 

かくゆう僕も実際に試してみましたが、体重を常に意識することは重要なようで、2ヶ月で2キロ程度落とすことに成功しています。

 

もちろん基礎代謝量の増加は重要だと思いますが、まずは体重を意識するという誰でも簡単に始められることから始めてみるといいと思います。